17時まで働ける薬剤師の求人の種類を確認してみよう

薬剤師1

朝から17時まで働くことができ、基本的に残業が無い薬剤師の求人は、仕事と子育てとの両立を目指している人や、プライベートの時間を大事にしている人にとって魅力的なものとなっています。たとえば、ドラッグストアや病院内の調剤薬局、製薬会社などは、夜勤が無く生活のリズムが乱れるリスクが少ないなど、一つの現場で長く働き続けたい人に向いています。

「薬剤師は求人探しから始めて1ヶ月で転職できるか」

ドラッグストアは医療現場以外で働きたい人に人気がある

第一類医薬品を扱うドラッグストアにおいては、対面販売を行うために薬剤師の配置が義務付けられており、大手チェーンから個人経営まで様々な店舗で人員確保が積極的に行なわれています。一般的に、ドラッグストアは医療現場とは違って直接入院患者の対応をすることが無く、服薬指導や管理などのスキルを身につけるのは難しいですが、ハードな業務が少なく体力的な面で不安を感じずに働くことが可能です。

また、正社員の薬剤師としてドラッグストアに働く場合でも、パートスタッフと同じように17時で仕事を終えることができ、終業後の時間を有効に活用しやすいといったメリットがあります。店舗によっては、経験豊かな薬剤師を迎え入れるため、一週間の出勤日数や勤務時間などの希望に応じているところもあります。

そのため、医療現場以外で薬剤師の資格を活かしたい人は、自宅の周辺にあるドラッグストアの薬剤師求人の有無や労働条件を定期的にチェックして、自分に合った働き方ができる店舗を探してみると良いでしょう。

なお、各地の都市部にあるドラッグストアの中には、深夜営業や24時間営業をしているところもあるため、17時までに仕事を終えたい人は夜勤業務が必須ではないところを就職先に決めることがポイントです。

製薬会社は入社後に適性に合った職種を選べることも

製薬会社に勤務する薬剤師の職種は、医薬品の営業や新薬の研究など様々なものがあり、入社後の研修の後に配属先が決まるところも少なくありません。大手の製薬会社の中には、職種にかかわらず仕事と家庭生活とのバランスを重視するため、一か月間の残業時間削減に向けた取り組みを行ったり、育児や介護をしている社員へのサポートを強化したりしているところが目立ちます。

また、終業時刻を17時に設定している製薬会社については、新卒者から中途採用者まで働きやすい職場として位置づけられることもあります。

最近では、日々の残業時間が長くなりやすい営業や研究などの職種の薬剤師を対象に、定期的にリフレッシュ休暇を付与したり、希望の曜日に休みを取れるようにしたりしているところも多くあります。そうした中、製薬会社で自分に合った職種で働きたい人は、志望企業の採用試験の概要を早いうちにチェックして学力試験や面接の準備をするのはもちろんのこと、実際に製薬会社で薬剤師の知識や技術を生かして働いている人にアドバイスをもらうのも良いでしょう。

その他、外資系の製薬会社においては、フレックスタイム制などを導入しているところもあり、子どもの学校や保育園への送り迎えなどの負担を少なくしたい人におすすめです。

病院内の調剤薬局は仕事を通じてスキルアップを図りたい人に向いている

病院内の調剤薬局の仕事は、ルーティーンワークがメインとなりますが、調剤業務を通じて色々な種類の医薬品の特徴を把握できることや、患者と接しながらコミュニケーションスキルを習得しやすいといった利点があります。

様々な診療科目がある総合病院などでは、ベテランの中途採用者ばかりでなく新卒者の採用や教育に力を入れているところもあり、年齢や経験を気にすることなくスキルアップを図りやすい環境が整っています。また、病院内の調剤薬局に勤務する薬剤師の労働時間は、それぞれの医療機関の診療時間や職場内の人員の状況などによりますが、17時までに一通りの業務を完了できるところが目立ちます。

そのため、病棟をはじめとした夜勤の業務を担当する機会が多い職場に抵抗がある人は、調剤薬局の求人を中心に探すことがおすすめです。

また、大学病院など先進的な医療を扱っている病院の調剤薬局においては、各地域にある総合病院と比べて給料や福利厚生などが恵まれているものの、個々の薬剤師が要求されるスキルレベルが高くなる傾向が見られます。こうした職場で働きたい場合には、採用試験を受ける前に職場見学や説明会などを通じて自分自身の能力を発揮できるかどうか判断をすることが重要です。

介護施設でパートとして働く場合には夜勤を任されないことも多い

薬剤師の免許を持つ人が介護施設でパートとして働く場合には、正社員とは違って夜勤を任されないことが多く、毎日17時前後に帰宅することも可能です。特に、医療従事者が不足している老人保健施設や介護付き有料老人ホームなどでは、パートの薬剤師を多く採用しようとしているところもあるため、介護業界に少しでも興味があれば早めに求人の内容を確認してみると良いでしょう。

また、介護施設では、昼間の時間帯の仕事がメインになり、医療機関と比べて残業は少ないものの、認知症や身体障害など健康上の問題を抱えている入居者を対象に服薬の指導や管理など責任が重い業務を担当する機会が多くあります。

そのため、勤務を始める前に自主的にセミナーや勉強会などに通ったり、興味のある施設の見学をしたりして、必要なスキルをひと通り身につけておくことがおすすめです。

大規模の社会福祉法人の中には、パートの薬剤師が自信を持って業務に取り組めるよう、定期的に実習や研修を取り入れているところも珍しくありません。その他、介護施設で仕事をしたことが無い人は、それぞれの施設の教育制度の良し悪しについても目を向けることが大事です。

様々な現場の薬剤師求人を検索できるサイトやアプリを使ってみよう

毎日17時までに仕事を終えることができる就職先をスムーズに見つけたい時には、全国各地の条件が良い薬剤師求人をリアルタイムで検索できるサイトやアプリを使ってみるのがおすすめです。たとえば、無料で一日あたりの労働時間や、一週間の休日の日数、残業の有無などの条件を指定できるツールは、順調にキャリア形成をしたい薬剤師の間で支持が集まっています。

毎日定時に仕事を終えられる職場を見つけよう

調剤薬局やドラッグストア、製薬会社など毎日定時に仕事を終えられる職場は、終業後の時間を大切にしたい薬剤師の間で人気が高まっています。こうした職場に就職をするには、求人票を使って労働時間や出勤日数などを確認するだけでなく、実際に興味がある現場の見学をして職場内の人員の状況などを自分の目で確かめておくことが重要です。

参照元:薬剤師の転職|アポプラスhttps://apo-mjob.com/list/tokyo